身はたとひ 賭博の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の日記にも出てきたVIPPERで単位がかなりやばい友人に、
「有名なやつじゃなくマイナーな漫画も紹介してくれ」
と言われたので紹介してみます。

「ド」マイナーなやつを。






臨機応変マン

著:ガモウひろし
出版:集英社



あらすじ:
地球の平和を迫り来る異星人たちから臨機応変マンが守るというお話。
ギャグマンガ。

街に異星人が出没すると、
中曽根首相が臨機応変マンを頼って電話をかけてくる。
報酬は基本的にはカップメン。




臨機応変マンには「原くん」という人間の助手がいて、
臨機応変マンを助けてくれたり助けなかったりする。
臨機応変マン最大のピンチの時には「原くんマスク」が登場する。

↑縦に3つも臨機応変マンと並んでるとなんかすごいな。



異星人にも色々な種類があり、

ことわざカルタマン
モチモチマン
勉強しなさいマン
(E)  (カッコイーマン
パンチマン
大家マン
シャレシャレマン

など全部で40人近い異星人がいる。



ちなみにgoogleで検索したら64000件もHITした。
個人的にはかなりの驚き。

全部で4巻しかないのに。











総評:
もはや総評する余地の無い漫画だと思うw

ガモウひろしはこの漫画の他に、
ついてついてつきまくる~♪で有名なラッキーマンや、
僕の頭は酢入りだぜ!でおなじみの少年探偵ダンなどがあるが、
個人的にはこの臨機応変マンが一番好き。

中でもシャレシャレマンが一番好き。

「クロマティーがフライが落ちてくるのをまってぃーる」が好き。



ここで熱弁しても9割以上の人がポカーンだろうな…。
次回はウィキペディアにすらも載ってないやつをやろうと思います。

86点。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zentpp.blog43.fc2.com/tb.php/218-d7572b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。