身はたとひ 賭博の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日地元で年に一度のお祭りが開催され、
御神輿という名のブートキャンプに参加いたしました。
自主参加というよりはむしろ強制参加、
あるいは強制労働と言いましょうか。
時給0円にて雇われた戦士であります。
何しろこのマチには10~20代が極端に少なく、
御御輿の担ぎ手がまるでいないのです。
お年寄りの方々はもう担ぐ気力がないらしく、
小学校低学年の子供が10人ほどいる程度。
いっその事数少ない精鋭たちで、
一気に担ぎ上げっちゃたらまだ体力的に楽だったんですが、
それは現実問題として無理無理安倍総理。
世間の痛い視線を回避するには子供達に身長を合わせる形で、
それはもう今までしたことの無いような姿勢で、
担ぐというよりはむしろ持ち上げるという形で。
腰を45度曲げてください。
両腕をちょうど顔と垂直になるように前に出し、
2~300キロはあろうかという物品を持ち続けるのです。
地獄の黙示録よろしく降り注ぐ太陽のもと続けられる訓練。
いや、地獄の黙示録がどんな話かは知りませんが。
当然無言での興行など許されるはずもなく、
喉が枯れはてるまで続けられるワッショイの声。
これをすることが誰かの得になるのであろうか。
いや何も言うまい。
参加したことがすでに後の祭だったんだ。
お 祭 り だ け に 













お後がよろしいようで。
え?よろしくない?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zentpp.blog43.fc2.com/tb.php/321-55446299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。