身はたとひ 賭博の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには真面目に作品云々のことについてでも書きましょうかね。


文章構成など考えずにただひたすら垂れ流して書いていくので、
「読むの面倒くさい!」と思った方は即刻スルーでw




万人ウケ


万人ウケする作品を作れる人は本当にすごいです。
多方面にわたるあらゆる部分の情報とニーズをキャッチして、
その上で「100人いたら95人は好いてくれるだろう」という方向性の作品を作れるんだから。

人ぞれぞれ好みがある中で、
大衆の支持を得られるっていうのは本当にすごい。

それにはクオリティの高さと、ネタの斬新さはもちろん必須。
どちらかが欠けていたらその時点でマイノリティー派に成り下がってしまいます。


そういえばマイノリティリポートって映画無かったっけ?

見たことないから全く話がわかんねw







ま、それはいいとして。

さらに欠かせない要素として重要なのが、
「笑い」「格好良さ」「哀愁」「悲しみ」「エロさ」

など感情に訴えかけてくる要素においてずば抜けているものがあること。

稀に全ての要素を複合した作品ってのがあるけど、
今までの中でそれが万人ウケしたのは見たことがありませんね。
滅多に。

もちろん2種類くらいなら複合しても全然アリだと思います。
ってかむしろ複合したほうが良いと思います。

格好良くて笑える、哀愁があるけど笑える

とかね。


哀愁でいとなわけですよ。
トシちゃんなわけですよ。












ま、それはいいとして。

今までのが前置きでこっからが本題。
長えwww


管理人は万人ウケする作品を作ろうと思ったことがほとんどないということ。

100人いたら5人のツボにはまればヨシ、
それがたとえツボにはいらなくても、2,3人笑ってくれたらこっちのもの。

100人に「あいつはすげえ」と絶賛されるより、
1人に「こいつ、何バカな発想してんだw」と笑われるほうがよっぽど快感。

世界中を敵に回しても俺が君を守り続ける、
ってことなんですw

最後の意味がわかんないけどw



もちろん最初に言ったように万人ウケする作品を作るひとは本当にすごいと思います。
でも自分にはそれはできない。
できないならせめて、万人ウケできなかった残りの5人のために作品作ったろうじゃないか
と思ったわけです。

うん。

極端な話、
AAAAAという評価よりCCCSCとかの評価の方が嬉しいんですよね。

きっとそれは自分に飛びぬけた才能が無いっていう劣等感と、
ある程度は人並みにこなせるという自信と、
今まで人に自分を肯定されたことがないっていう虚無感によるものです。



話が逸れたね。

元に戻そう。




そいで次。

どの要素が一番大事か?ということなんですよ。
さっき適当に思いつく感じで「笑い」「格好良さ」「哀愁」「悲しみ」「エロさ」を挙げたけど、
この中で自分は「笑い」が一番重要だと思ってる。

「笑い」を理解できるのは人間にしかできないと聞いたことがありますが、
なるほど人生においてもかなり重要だと思う。

格好良さなんてのはさ、
最悪無くてもそんなに支障きたさないじゃん。
格好悪すぎるのはそれはそれで考えものだけどねw
すぐ風化しちゃうし。

哀愁は個人的にはかなり好きなんだけど、
それでも「絶対に必要な要素」ではないと思ってる。
だって哀しいよ。
哀愁だけで生きてたら。
面白くないよ。
悲しみも。


エロさ。
まあ・・・これは・・・w
大事だけどねw
生きることの「核」ではないよねw

それこそ人間が子孫を残すためだけに生まれてきた動物だったとしたら、
どんなに楽かわかんない。
だって、生まれて性行為しまくってそれでオワリでしょ?
それは「人生」ではないよね。

人生なんて死ぬまでの暇つぶしだとかいうけどさ、
面白くなかったら暇つぶせないじゃん。

悩むのは一瞬にしなさい。
そうじゃないと笑ってない時間が勿体無いよ。

と、どっかの誰かが言ってた。













なんか壮大な話になってきたな・・・

話を元に戻しましょう。

カレー味のうんこかうんこ味のカレーを食べるか、
という話だったよね。

そりゃあ、うんこ食いたくないもの。
うんこ味のカレー食うよ。

え?

すいません。

だんだんこの話書くの飽きてきたw



ま、そういうことで、
万人ウケする作品もごく一部にしかウケない作品も、
笑える作品も泣ける作品も、
面白ければそれでいいんじゃね、ということよ。


もちろんマナーは守ってねw



ルールは破るためにあるけどマナーは守るためにあるんだよ。
みんな勘違いしてるけど。


っしまい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zentpp.blog43.fc2.com/tb.php/354-ee4dd7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。