身はたとひ 賭博の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すいません。
完全に私用に使います。


















問題:うんこの是非について800字程度で述べなさい

(制限時間60分)












現在過去を問わず、
うんこは動物たちの食物連鎖の一端を担う重要な役割を果たしてきた。

食物を摂取し、
消化や排泄を繰り返すことで、
他の動植物との調和を保っている。

例えば我々人間世界においては、
うんこは肥料や肥やしとして扱われ、
農作物の成長を助け、
出来た農作物が再び我々の口の中に入るといった連鎖を生み出している。
 







しかし、
現代社会においてはさきの科学の進歩により、
うんこそのものを肥料にせずとも、
いわゆるバイオテクノロジーを使ってそれに代替するものを生み出すことが可能となった。

遺伝子組み換えしかり、
クローン技術しかり、
ほとんど無に近い状態から、
うんこに代替する肥料を作り出し、
本来の役割を果たさずとも食物連鎖を形成することが可能となったわけである。










もちろん、
生物の構造上の問題でうんこをせずに生活することは不可能である。
だが、一般的なイメージとして、
うんこは汚いものであるといった印象が定着しており、
実際大腸菌をはじめとする様々な菌が付着していて、
汚いものであることは事実である。

となれば、
もしも今後医療や科学が更なる発展を遂げ、
人々がうんこをせずに暮らしていけることが可能となったならば、
うんこの存在そのものが問われる状態になるかもしれないと私は考えている。












私たちは生きていく上でうんこを当たり前の存在のように考えてきた。

しかし、
過度な文明の進歩により、
本来の生物学上決して欠かせない行為であったことが、
今覆えされようとしている。

突き詰めて考えると、
人間が生活をより豊かにしようと思い考えていった知恵が、
人間のいち動物としてのらしさを失わせていっているのではなかろうか。










人間は他の動物よりも優れた脳をもつ動物である。
だからこそ、
今一度立ち止まり本来の人間のあるべき姿を再考すべきであると私は考える。













ピッタリ一時間。
775文字くらい。


















いや~明後日論文の試験があるんですけど、
議題をポンと出されて制限時間が限られてると本当に難しいですね。


今、適当に表題を考えてバッと書いてみたわけなんですが・・・



ダメだ。
何書いてるか途中でわけわかんなくなるもん。

一応、
序→問題提起→対応策→まとめ
を意識して書いてみようと思ったんですが・・・

対応策がまるで論ぜてないね。
まとめも無理やりまとめた感がめっちゃあるしね。


きっつ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zentpp.blog43.fc2.com/tb.php/437-a1bcde24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。