身はたとひ 賭博の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終夜





さてニコ動も見飽きたし、
ドラクエ6やるのも疲れたし、
お気に入りサイトも回りきったし、
眠くもないし、
もう一個のほうのサイトを更新するようなネタもないので、
こちらの日記を更新します。


そういう超絶条件がそろわないと更新しない!
不思議!




さて、勢いで書き始めてみたはいいんですが、
何を書きましょうか。







どうせこっちの日記は見てる人がほとんどいないと思うので、
つまらないめっちゃ真面目な話でもしましょうか。






視点の話。

なんかスポーツなり麻雀なりそういった世界の話で、
よく巧くなると見る世界、住む世界が変わるっていう表現するじゃないですか。

河田雅史は住む世界が違う・・・!

みたいな感じで。
あれって本当にあると思うんですよ。

何かを継続していくと、
知識や能力が増えていき、
今まで見えなかったものが見えてくるということがままにあると思うんです。


全く同じ状況におかれ、
全く同じ景色を見ても、
低段位には見えてないものが上級者には見えるようになるということです。


そうですね、
一個例を出しましょうか。





23799五六六六七⑥⑥⑦⑨




まず、
何も知らない人にはただの数字の羅列にしか見えません。
そうです。
ただの数字の羅列です。


でもこれ実は麻雀の手牌表記なんですよ。
麻雀かじったことがある人ならピンとくるでしょう。
1は索子、一は萬子、①はピンズを表しています。


さらにもう少し詳しい人なら、
あれ、何で手牌なのに14枚もあるんだ?
何切る問題なのかな?と思うかもしれません。


ある人は打六といくでしょう。


ある人は打9といくでしょう。










ドラも捨牌も状況もわかってないのに何を言ってるんだという人もいるでしょう。



それぞれの人はそれぞれの見方で、
対象物を捕らえます。


知識や情報が増えれば見える世界も変わるのです。



上記の何切る問題、
たぶん僕が今考えている答えと、
プロの方が考えている答え、
麻雀を始めて1ヶ月の人が考えている答え、
全く違うと思います。





まさか麻雀に例えるなんて、
自分の引き出しの無さに辟易としますが、
ま、今日は書きなぐりだから別にいいんです。




目が見えない人には僕らと全く違う世界が見えているんでしょうね。
イチローには違う世界が見えているんでしょうね。
隣のあの子には違う世界が見えているんでしょうね。


だから、
好きなものだったり同じ趣味を持つ人だったりと仲良くしたり、
全く別の世界を知ってる人に惹かれたりするんでしょうね。




むかしむかし、
中学校のときの先生が「継続は力なり」という言葉が好きでした。


僕がそれを中学生のときに聞いたときの感覚と、
高校、大学、社会人を経験してからの感覚、
全然違うものがあります。


きっと大人になっていくとさらに違う重みを感じることでしょう。





むかしむかし、
とても嫌なことがあったときに、
大学の先輩は「・・・とりあえず打つか」と笑いながら言いました。



今ではそれがとても重みのある言葉に感じてならないのです。


重みを感じれたことがとてもうれしく思えたりもします。






これからまた視点をいろいろと変えて、
満足がいくような生活を送っていきたいと思います。




おわり







何のこっちゃwww

話まとまらなすぎわろたw



ま、たまにはこんな書きたいだけで書く自己満な日記も良いでしょう。













終夜


これ「よもすがら」って読むんですよ。

ほらもう視点が変わったでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zentpp.blog43.fc2.com/tb.php/441-c120b56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。